標籤: sm東方神起在中有天俊秀昌珉允浩解散化妝品 分類: 東方神起解約事件全揭秘 

●2009年1月 ジュンス、ユチョン、ジェジュンの3人の化粧品事業開始

 

2009年1月6日、3人のメンバーとジュンスの父、ジュンスの兄は、オフを利用し北京某百貨店で行なわれたクレビュ化粧品の中国法人投資説明会に出席し、挨拶をし、写真を撮って景品イベントに参加しています。

200916,三人和俊秀的父親以及兄長,在休假期間到北京的某百貨公司參加化妝品中國法人投資說明會,互相打招呼並且拍攝了照片。


 

◆クレビュ?カン?ソンウォン会長→1月には投資自体がなかったので、その当時のメンバーは、投資家の身分ではなかった。メンバーはこの日、偶然、会場に来たのだ。

私たちは、写真を投稿したこともないし、広告の目的で使用したこともない。むしろ、インターネットに写真が巡るという話を聞き、従業員への問題の解決を指示した。

化妝品公司的社長——一月的時候還不是投資本身,當時成員們不是投資者的身份,只是那天偶然來到會場的。 

我們沒有把拍攝的照片投稿,不是為了廣告的目的而使用的。後來,聽說了網上有照片流傳的話,就指示從業人員解決這個問題。 

 

◆SM→写真がネット上に流出したことから事実が広がり、参加を知る。

中国にはオフを利用して遊びに行くと報告を受けていた。

2008年12月、キムヨンミン代表取締役社長に3人のメンバーが投資をしてもよいかどうかを問い合わせている。

これに対し、キムヨンミン代表理事は"その投資会社の法的責任を負う事があるので、取締役のようなものはしない方がいい。

そして万が一、その会社で肖像権の侵害などの問題が起こる事があるので、東方神起としての肖像権は使用しない事を確認し、そのような話があれば直ぐに事務所に報告しなければならない"と話し、メンバーは"金銭的な投資なだけで、その他の問題は全くない"と答えた。

Sm——直到寫真在互聯網上流出才知道了成員參加的事實。 

收到的報告是說利用休假時間到中國旅行  

200812月,金永明代表董事社長問了三人關於做投資是否好。

對於這個,金永明代表理事說這是擔負這個投資公司的法律上的責任的事,最好不是和董事一樣的事情。

而且萬一引起了這個公司侵害肖像權等問題的話,要確認沒有使用作為東方神起時的肖像權,要是有這種情況的話一定要馬上和事務所報告,三人回答說只是金錢的投資,完全沒有其他的問題。

 

◆ジュンス父→12月にあの子たちが中国側法人を作って計画を立て、1月6日の休暇の時投資説明会を行った。

中国は投資をすれば理事になる。

休暇期間に投資説明会に行ったことは翌日7日の昼頃にキム?ヨンミン社長に電話をし、事業に対する許しを得た。

俊秀的父親——12月的時候那三個孩子確立了要作為中國方面法人的幾乎,16利用休假時間前往了投資說明會。

在中國如果投資的話就成為了理事。

在休假期間前往投資說明會的第二天也就是7日的下午打了金永明社長的電話取得了他對經營這個事業的允許。

 

この時、説明会に同行したSMのマネージャーは、その後SMを「中国に留学する」という理由で退社し、ジュノ(ジュンス兄)のマネージャー業務をすることになります。

単純な事業投資という話ですが、クレビュ北京のウェブサイトに3人のメンバー達の名前が《韓国の取締役(理事)》として記載され、取締役の肩書の名刺も持っていたことが分かりました。

當時,一同去參加說明會的sm的經紀人,在之後以要到中國留學為由退出了sm公司,變成了俊浩(俊秀的兄長)的經紀人。

因為說是單純的事業投資,北京的分公司化妝品分公司把三人的姓名登記為韓國的理事,持有上面寫著理事的名片。

 

 

 

 

 

 

 

 

20092-3

● 【2009年2月】

 

 3rd Asia Tour【MIROTIC】の準備の為、5人は韓国に滞在。

ショップのオープンに向け準備が始まります。

以準備三巡為由,5人留在韓國。

開始準備商店的開業。

 

●2月6日に専属契約内容の更新があり、5人のメンバーとそのご家族は内容に同意の上契約書にサインしています。

 

SMとの専属契約書の内容は、これまで5度にわたり内容の一部が変更されてきました。

 

1回目→2003年12月(ユチョンだけは2004年1月)

2回目→2007年2月

3回目→2007年12月

4回目→2008年10月

5回目→2009年2月6日

 

5度目の変更の内容は2008年7月1日に遡(さかのぼ)り適用されることとなりました。

この時、韓国でのCDの売り上げに対しての利益配分などが改善されました。

 

26更新了專屬合約的內容,5名成員和他們的家人都同意該內容並在合約上簽名了。

sm專屬合約的內容,到這日為止一共對部分合約變更了5次。

第一次——200312月(只有有天是20041月)

第二次——20072

第三次——200712

第四次——200810

第五次——200926

第五次變更的內容是追溯到200871被適用的。

當時,對在韓國販賣的cd的利益分配等做了改善

 

●ホミンのご両親は「一緒に化粧品事業をやらないか?」と誘われるが断る

浩珉兩人的雙親拒絕了一起經營化妝品事業的邀請

 

◆ジュンス父→2人も3人がちょっとうまくいってるから気分が良くないと思えて。

立場を変えて考えてみれば私は2人の親心が分かる。

それで私が本社に話をして、はじめは3人だったが5人全員を引っ張って行かなければならないから、ここまでは(化粧品ショップ)してあげなければならないと承諾を受けた。

ところが意外にも2人は化粧品に対して反感があったんだ。

それを利用したのがSMだ。それで親たちがどうしてもちょっと拗れた状態だ。

 

俊秀的父親——我總覺得兩人都會因為那三人稍微順利點而使氣氛不那麼良好。

試著改變立場的話我能理解他們兩人的父母疼愛子女的心情。

因此我對化妝品公司說,從一開始只有三人而必須要拉攏5人全員一起進行,一直到收到化妝品公司的承諾。

但是意外的是那兩人都對化妝品很反感。

這點被sm利用了。造成了家人之間的關係扭曲。

 

◆ユンホ父→2009年2月化粧品事業について初めて聞いた。

ある日 **(メンバー)から電話があったが、化粧品会社の話だった。

私はその会社自体のネーム?バリューも信じられなかったし、ファンを相手に安全性が保障されない原料で作った高価な化粧品を販売するのはどうかと思って断った。

実は以前から続けて化粧品会社の話があった。

話を聞いてみたらプロジェクトがあまりに大きくて、あっという間に数十億(ウォン)は儲かるようだった。

中国、日本をはじめ、東方神起が人気のあるタイ、台湾などの全アジア的なプロジェクトで数百億を越え数千億(ウォン)の利益も可能だという話だった。

信じられないが話を聞いてみたら本当に可能のようだったよ。

だけど『東方神起』というブランドはやっぱりSMのものだし、東方神起がするべきことはファンとの出会いであって商売ではないから、そんな事業に参加することはできなかった。

私とユンホの考えは同じだし、私が思うにチャンミンのお父さんとチャンミン君の考えも同じなのだと思う。

 

允浩的父親——20092月第一次聽說了關於化妝品事業。

有一天,接到了某君(成員)的電話,只是關於化妝品公司的話。

我因為對那個化妝品公司本身的知名度不是很信任,我認為怎麼可以把飯作為物件售賣安全性沒有保障的原料所做的高價化妝品,所以拒絕了。

實際上從以前開始就陸續聽說了關於這個化妝品公司的言論。

聽說項目不是很大,大概只有十億元的樣子。

以中國和日本為首,東方人氣在泰國和中國臺灣等地乃至整個亞洲地區都有可能活的值數百億超過數千億的利益的項目。

東方神起的品牌還是sm的,東方神起所做的一切都是為了和飯見面而不是買賣,不能參加這樣的事業。

我和允浩的想法相同,我的想法和昌珉的父親以及昌珉也相同。

 

◆チャンミン父→3人のメンバーが化粧品事業を開始し、中国の化粧品会社の事業説明会に出席した後でそのうちの一人の両親との通話をした時に

『この事業がこの先数十億、数千億(ウォン)になるか分からないビジネスである。将来コスダックに上場して《東方神起がビジネスをする》という噂を流して、株価が変動する前に情報を出します』というような、不条理な言葉を聞いた。

 

昌珉的父親——三人開始了化妝品事業,主席了中國的化妝品公司的事業說明會後,在和其中一人的家人通話的時候,聽到了“這個事業剛開始是數十億,之後會是個數千億的事業也未可知。將來在納斯達克上市後流傳出這是東方神起經營的事業這樣的謊言,在股價變動前會有情報出來”這樣的不合條理的話。

 

 

◆ユチョン母は一貫して本人を信じ本人の意のままに従うという姿勢です。

◆ジェジュン姉はジュンス父、ユチョン母と立場を同じにする

 

有天的母親擺出一貫的相信本人和遵從本人的意思這樣的姿態。

在中的姐姐和俊秀的父親以及有天的母親的立場相同。

 

●2009年3月

 

◆SM→3人のメンバーの家族たちは、韓国では化粧品会社の代理店を開設し、3人のメンバーたちと一緒に間接的な化粧品の広告をしながら化粧品の販売を始め、様なファンサイトやブログにその内容が掲載されました。

 

20093

Sm——三人和他們的家人,在韓國開始了化妝品公司的代理店,三人一起間接的做化妝品廣告並且開始販賣化妝品,很多的fansiteblog刊載了這個內容。

 

 

 

2009年4月、南京にて 3rd Asia Tour MIROTIC が開催された時まではメンバーとSM間に確執はなかったと思われます。

 

コンサート終了後の席、スタッフや後輩の前で彼らは「SMは非常に素晴らしい会社です。会社に対して、常に感謝の心を持っており、今後も変わらず熱心に努力します」と挨拶をしています。

その後、6月末までの2ヶ月半の間に何が起きて訴訟に至ったのかを考えていきましょう。

 

20094月,直到在南京舉行亞洲三巡MIROTIC演唱會時成員和sm之間還沒有爭執。

在演唱會結束之後的慶功宴上,在工作人員和後輩面前他們寒暄“sm是非常厲害的公司。對於公司,充滿了感激的心情,今後會以不變的熱心來努力。”

之後,想一下直到6月末的2個半月之間發生了什麼而導致了訴訟。

 

考えていく問題は二つです。

一つは「チョンジェスのSMに対する確執」、もう一つは「化粧品事業に対するホミンとチョンジェス側の親御さんの見解の違い」です。

 

要考慮的問題有兩方面。

一個是三人和sm之間的爭執,還有一個是關於化妝品事業浩瑉的父母和三人的父母的見解不同。

 

6月末時点で双方のお考えがまるで違います。

6月末雙方的想法完全不同。

この記事の中で引用する御両親のお言葉は、韓国の大手掲示板の元管理人様が、6月に直接ご本人に伺ったものです。

這篇文章中引用的親人的話,是來自韓國的官方告示板的原管理人,是六月直接請教本人的。

お話を伺ったのは、

ジュンス父→2009年6月27日

ユンホ父→2009年6月28日

チャンミン父→2009年6月30日

です。

俊秀的父亲——2009627

允浩的父亲——2009628

昌珉的父亲——2009630

◆ユンホ父→数十億、数百億ウォンになるかも知れない事業を思いとどまらせなければならない理由があまりにも不足だ。

東方神起として一緒にするため、ということでユンホとチャンミン、そして私たちが止めれば、その富に嫉妬する状況にしかにならないからとてももどかしい。

允浩的父親——必須不放棄可能會變成數十億數百億韓元的事業的理由太不足了。

為了作為東方神起而在一起,允浩和昌珉,然後我們不停止這樣的事的話,不止會變成這種猜忌的狀況,感到非常焦慮。

一方ジュンスのお父様は、ホミン側からの「化粧品事業の件でこれ以上SMとの確執を作らずに、一緒に東方神起として熱心にしよう」という話に理解できないという反応

 另一方面俊秀的父親,反應不能理解浩瑉那邊的“在化妝品事業的事情上不要製造和sm之間的爭執,請一起保持作為東方神起的熱心”

◆ジュンス父→化粧品事業はSMも2人も関与するところではない。個人の私生活でもあるのだから。

この事業はSMで承諾した事業で、事業を一緒にしようと言った時断ったのは2人だ。

今でも事業を一緒にするつもりならもちろん歓迎する。

私が既に、2人が来ればいつでもショップを調えるよう本社に話しておいた。

 

俊秀的父親——化妝品事業和sm和那兩人都沒有關係。只是個人的私生活。

這個事業是sm承諾的事業,說到一起做這個事業的時候拒絕的是那兩個人。

如果現在還打算一起做事業的話當然很歡迎。

我已經和公司說過,如果那兩個人要過來的話隨時可備齊商店。

 

この見解の違いは、ホミンが訴訟に参加しなかった理由の大きな一つと言えると思われます。

对于这个的见解不同,我认为是浩珉不参加诉讼的很大的理由之一。

 

●2009年4?5月

 

クレビュ化粧品HP上にて明らかに東方神起の名前を利用したマーケティングが展開されていきます。

 

例えば下記は【MIROTIC】のジャケット画像が添付されたHPの画像です。(肖像権侵害)

化粧品事業に参加していない2人の画像も使用されています。

 

20094-5

化妝品公司公開使用東方神起的名字展開了市場銷售。

例如下記添加了[mirotic]的唱片盒的HP的畫像。(侵害肖像權)

沒有參加化妝品事業的兩人的畫像也被使用了。

 

 

 

 

 

下記は《HOTEL INFO》の《MIROTIC北京公演のパッケージツアー》のお知らせです。

下面是《HOTEL INFO 》的《MIROTIC北京公演的包價旅遊》的告知書。

 

初めユチョンとジュンスは自らの化粧品店に【ミッキー】と【シア】という名前を使用していました。

店名はその後変更されました。

2月17日【Crebeau シャ】OPEN

3月14日【CreBeau ミク】OPEN

4月28日店名変更  【CreBeau ベル】  【CreBeau キス】

 

一開始有天和俊秀自己的化妝品店使用的是【micky】和【xiah】的名字。

店名在那之後變更

217Crebeau 西亞】OPEN

314Crebeau 米庫】OPEN

428店名變更   CreBeau bell   CreBeau kiss

 

http://star.mk.co.kr/star_today_view.php?sc=41000001&cm=?????-????&year=2009&no=250788&selFlag=sc&relatedcode=&wonNo=&sID=507

 



 

 

そして、後にチョンジェスが北京の代理店から詐欺で起訴されることになったのが中国HPにUPされた下記の告知です。(訴訟の話は後で取り上げます)

 

要するに、期間中に用意されたパッケージ購入者のうち、抽選で150名を中国進出発表会に招き、役員と写真撮影が出来る、という内容です。

 

7月11日の 3rd Asia Tour MIROTIC in 北京の開催に合わせた企画です。

これは明らかに(本人達の意思に関わらず)東方神起としてのネームバリューを利用した販売と言えると思います。

     ↓↓↓

 

200961-15 crebeau(北京)公司準備了禮品套裝,在此次活動中抽取150名,作為嘉賓出席crebeau登陸中國的發佈會,發佈會當天回現場抽獎,嘉賓將有機會與crebeau高層合影留念”

 

crebeau(北京)公司高層名單:

韓國

法人:金秦石

理事:金俊秀 樸有天 金在中 金俊浩 薑翰承

 

發佈會日期:2009714

 

(日本語訳)

"200961-15 crebeau(北京)会社は、ギフトパッケージを用意した。

 今回のイベントの中から、 150人の当選者は、 crebeauの中国進出の発表会で、来賓の身分で出席することができる。

発表会の場での宝くじのイベントだけでなく、来賓の方は、crebeauの管理層と一緒に写真を撮る機会がある。"

 

crebeau(北京)会社役員リスト

韓国

法人: キム?ジンソク(ジュンス父)

取締役: キム?ジュンス、バク?ユチョン、キム?ジェジュン、キム?ジュンホ(ジュンス兄)、カン?ハンスン

発表会の日付 2009714

しかし、後日HP上でチョンジェスの出席が取り消されます。

但是,後來三人的出席被取消了。

 

crebeau(北京)会社の発表によると、

特別な理由により、韓国取締役 3人は発表会に出席しません。

これまでにホームページまた、ホットラインにてギフトパッケージを購入してお支払いを完了、荷物を受け取った場合は、、一部払い戻しを申請することができます。

 

実際の発表会にはジュンス父、ジュンス兄、ユチョン母、ジェジュン姉が出席して開催されました。

 

その模様は下記の動画で確認できます。

動画:http://v.youku.com/v_playlist/f3549151o1p5.html

 

北京發佈會

因為特殊的理由,韓國理事三人不出席發佈會。

到此為止還有在主頁,熱線上購入禮物包裝的已經完成支付,拿到貨物的情況下,收到了一部分要求退款的申請。

實際上出席發表會的是俊秀的父親和兄長,有天的母親,還有在中的姐姐。

這點可以從下面的影像得到確認。

動画:http://v.youku.com/v_playlist/f3549151o1p5.html

 

●2009年5月、SMとの確執に繋がったと思われる事件が起こります。

 

日本のファンからエイベックスのお客様センターに

『クレビュの日本販売法人が《化粧品を購入した先着50名の方に東方神起と一緒に食事ができる機会を与える》というキャンペーンをしている。これは詐欺行為にあたるのではないか?』

という苦情を申し立てたことから、エイベックスがSMに公式的な事実確認を求めます。

 

20095月,和sm的爭執引起了事件

從日本的飯到艾回的客戶中心申訴

“化妝品的日本法人說會舉行最早購入化妝品的50位可以得到和東方神起一起吃飯的機會這樣的運動。這個難道不是欺詐行為麼?”

這樣的牢騷,艾要求sm正式的確認事實。

 

 

 

 

◆クレビュ会長→当初、このイベントは、日本のVIP顧客50人を招待して開催する行事だった。

ところが、その準備の過程でお客様の間『ひょっとしたらこの席にメンバーが来るのかもしれない』という、ただの期待心理が交わされた話が広がって行ったのである。

もしかしたら、不要な誤解の要素が起こるかと思ってイベント自体を完全にオフにした。

これに対し、日本(法人)から受けた解明資料でも言うことができる

 

このイベントは、"新型インフルエンザの感染拡大が懸念され、イベントを中止する"という発表がされ、HPから削除された。

 

化妝品公司的會長——當初這個活動只是招待日本的50VIP顧客而開展的。

但是,在準備的過程中有顧客之間說“成員可能會出席這個活動”只是交織著期待的心理的話被廣泛的傳播了。

但是,引起不必要的誤解的因素和這個活動本身無關。

針對這點,也可以說只是從日本的法人處收到了解釋的資料。

這個活動是因為新型流感有擴大的危險而中止的“

 

 

 

 ● 【ファンの知らなかった怒涛の6月】

ここまで、チョンジェスの化粧品事業に関しての記事を上げてきました。

これまでの情報をご覧いただくと、現状の拗(こじ)れは《SMの不公正な契約》だけの問題ではないと理解できたと思います。

 

Fans不知道的怒濤的6月】

到這裏為止,和三人的化妝品事業相關的事都記錄了。

請看到現在為止的情報,可以理解現狀的扭曲不止是《sm的不公正合約》的問題。

 

契約上、《東方神起》の全ての肖像権はSMが保有するものです。

それを無断で個人が使用することは、明らかな契約違反に当たります。

合約上,《東方神起》的全部肖像權都是sm所有的。

這就是指個人擅自使用是明顯是相當於違反合約的。

 

● 2009年5月

世界韓人貿易協会が4月11?22日の間《海外市場開拓事業》の為の教育会開催

ウィーシャーププラス化粧品で中国市場に進出するキム?ソンオク氏が「地元の若者の人気を集めているアイドルグループ東方神起を利用したマーケティングを準備中」と発言した。

その事が記事となる

 

記事?http://www.okta.net/okta_board_view.asp?idx=684&flag=world_report

 

20095

世界韓人貿易協會在411~22日期間召開了以《海外市場開拓事業》為由的教育會。

負責化妝品在中國市場進出的金氏發言“利用在本地的年輕人中聚集了很高人氣的組合東方神起進行市場宣傳正在準備中”

 

● 2009年6月上旬

某大手化粧品ブランドから東方神起を韓国と中国の広告モデルに使いたいというオファーがあるが、3人は本人達の化粧品事業の為に拒否する

 

20096月上旬

某個大型化妝品公司提出想要使用東方神起作為中國和韓國的廣告模特,但是那三人以本人的化妝品事業為由拒絕了。

 

● 2009年6月6日 SMでの会談

 200966sm会谈

5月に化粧品事業に関してエイベックスからSMに対して公式的な事実確認が要請されました。

五月时关于化妆品事业艾回对sm提出请求正式的事实确认。

 

◆SMコメント→この時当社キム?ヨンミン代表理事が三人のメンバーに会い、さまざまな問題点に対して問いました。

この時三人のメンバーが化粧品会社から販売分の5%をロイヤルティに受けるという話を聞いて, それなら単純な金銭的投資ではないから化粧品会社とどんな契約を締結したのか契約書を見せてくれと言って三回にわたって要請しました。

当社としてはメンバーが化粧品事業に参加することで直間接的に東方神起を利用して広報活動をすることに対する問題もあるが、なによりもそういう直間接的広報行為によって東方神起のイメージが大きく失墜される可能性があるし, もし日本と中国で、化粧品事業と係わる問題が発生するようになれば今まで本当に努力して積んで上げたアジア最高のグループとしての東方神起の位置とイメージ, そして名誉が絶対回復することができないだろうと言う憂慮をせざるを得なかったし, 契約書を確認して今後に発生するもっと大きい問題からメンバーを保護しようとしたのです。

しかし、三人のメンバーは契約書の公開を拒否したし, 会社の化粧品事業投資に対する憂慮を解消するための努力もしなかった。

 

SM的解釋——當時理事金永明和三名成員見面,提出了相關問題。金永明再三提出要求看到三名成員和該化妝品公司締結的合約,而並不是之前所說的單純的投資從化妝品的贏利額中抽取5%的報酬。

成員直接參與化妝品的投資,並且利用東方神起的名義做宣傳從中獲利,以及和在日本,中國的化妝品事業的關係問題可能會使花了幾年努力達到的最高偶像的地位以及東方神起的名譽受損,擔心名聲無法恢復,因此在確認和化妝品公司的合約之後今後如果產生問題都會保護成員。

但是三人拒絕公開合約書,公司為了消除對進行化妝品投資的憂慮而繼續努力。

 

その事でSMは、メンバーの親5人を召集して、キム?ヨンミン社長を含め話し合いの場をもうけています。

この話し合いの場が発端となって、その後様なことを巻き起こし、現在に繋がると感じます。

 

這件事之後,sm召集了5位成員的親人,包括金永明社長在內一起談話。

這個談話作為開端,之後引起了一系列的問題,我覺得和現在相關。

 

◆ユンホ父→この日集まったのはAVEX 側から化粧品事業関連の問い合わせを受けたためだった。

私たち二人(ホミン)は事業に参加していなかったが会社からの召集だから出向いた。

その時は不公正な契約問題の話はなかった。

 

允浩的父親——那天的會議是關於從艾回收到的對化妝品投資的問題,我們兩人(浩瑉)並沒有參加該事業的投資。那時還沒有提出專屬合約的問題。

 

◆ジュンス父→SMとの契約は個人的にあらゆる面で我慢の限界で、こんな条件ではあの子たちは本当にやりたくないと言うから、私が総合的に意見をまとめてキム?ヨンミン社長に電話した。

それで話し合おうと言うことで66に会った。

ところが雰囲気が変で化粧品の話ばかりだった。

 

俊秀的父親——和SM的專屬合約是在個人的所有方面達到了忍耐的極限,因為在那樣的條件下那些孩子說已經不想再做下去了,所以我綜合了個人的意見給金永明理事打了電話,在電話中他提出66開會,但是到了開會的那天,卻突然變成了化妝品的問題。

 

◆ユンホ父→この席でキム?ヨンミン社長とジュンスのお父さんとの間に言い争いがあった。

允浩的父親——在那次會議上,金永明社長和俊秀的父親在言語上起了爭執。

 

◆チャンミン父→キム?ヨンミン社長が、AVEXから東方神起に対して化粧品関連のクレームが入ってきて問題が起こったと言って、「北京クレビュー法人との契約書を見せて欲しい」と要請した。

昌珉的父親——由於收到了艾回關於化妝品投資的確認,因此金永明社長要求他們拿出和北京的該化妝品法人代表的合約書。

キム?ヨンミン社長はクレビュー北京法人と3人間の契約書の中に東方神起関連の文言が入っているか、入っているならそれが東方神起の肖像権と係わる販売戦略を含んでいるのかなど(東方神起は五人で、二メンバーは事業に参加していないので、少しでもそういう条項が含まれてれば会社とチームに被害を及ぼす可能性もあるから) 事前点検をしたいという意思を表明し見せて欲しいと要請した。

 

金永明社長說在他們三人和化妝品公司北京法人締結的合約書中加入了關於東方神起的條款,包括使用東方神起的肖像權進行銷售戰略(東方神起是五人,其中兩人並未參與投資,這可能使公司受到損失)。要求看到合約並表明了想在事前逐一檢查的意思。

ジュンスのお父さんは「この化粧品事業ではSMは第三者なので見る権限がないし、それでも見たければ東方神起と日本AVEXの間の契約書を見せてくれ」と言った。

 

俊秀的父親說“這這個化妝品事業上sm作為第三方沒有許可權,儘管剛看過東方神起和日本艾回之間的合約,我還是想看一下。”

◆ユンホ父→ジュンスのお父さんは日本の収益計算が疑わしいという立場だったし、キム社長は化粧品事業の契約書に東方神起が入っているか、責任がどこまでなのかを確認しようとする立場だった。

だけどジュンスのお父さんが「化粧品関連の契約書はない」という話をしたから長い間言

い争いをしていたよ。

 

允浩的父親——俊秀的父親的立場是懷疑在日本的收益計算,而金社長的立場則是因為化妝品合約中是否加入了有關東方神起的部分而要求確認責任。但是因為俊秀的父親說“沒有和化妝品公司的合約”爭論了很長時間。

 

◆チャンミン父→キム?ヨンミン社長は「日本との契約はSMAVEX間の契約、即ち法人と法人間の契約書であり東方神起(所属タレント) AVEXの間の契約書ではないので、お父さん(タレントでもない第三者)にお見せすることはできない。しかし化粧品契約書を見せてくれたら私たちもお見せする。私たちは東方神起を韓国のSMAPにするために努力している。AVEXとの契約ではBoAと等しい条件で各メンバーたちにもすべて説明した事がある」と言った。

にもかかわらず続けて論争が起った。

ついにはジュンスのお父さんが「化粧品契約書はない」と主張しユンホのお父さんが間に入って仲裁する中で、ジュンスのお父さんとの言い争いが生じた。

個人的にはよく分からない原料が入っている、それも高価な化粧品をファンを相手に売ることに不満があったし、それを主題として若干の話が行き来した。

 

昌珉的父親——金永明社長說“日本的合約是SM和艾回之間的合約,即法人和法人之間的合約書,不是東方神起和艾回之間的合約,父母作為第三方無權查看。但是我們可以看化妝品的合約。我們為了把東方神起打造成韓國的SMAP而努力著,和艾回的合約中,和boa的條件相同,這點在事前都和成員們講過。”

兩人繼續爭論。

之後俊秀的父親主張沒有和化妝品的合約,允浩的父親在中間進行調解,和俊秀的父親發生了爭執。

我個人對加入了不明原料而且高價的化妝品賣給飯有不滿。這個作為主題說了一些話。

◆ジュンス父→だからなぜ化粧品の話をするのか、今は化粧品のことではなくて、あの子たちが言う問題点を直してくれと言ってるんだ。

「直してくれなければ出るしかないじゃないか」と言った。

それなのに変化がないから子供たちの声に従って弁護士に諮問を求めるのに至った。

 

俊秀的父親——為什麼會變成是化妝品的談話,現在不是化妝品的事,把談話糾正到那些孩子們說的問題點上。

“我只可以這樣做一個重新思考”

這些問題沒有得到改變因此聽從孩子們的觀點諮詢了律師。

◆ユンホ父→事業をしない立場で割りこむこともできなくて、ただ止めようと仲栽したが簡単ではなかった。

結局どちらも契約書を得られずに面談は終わった。

面談が終わってからジュンスのお父さんは「うちのジュンスはこれ以上SMと仕事をしないし、ユチョンとジェジュンも私たちと一緒にする事にしたから、ユンホとチャンミンのお宅もそのつもりでいてくれ」という言葉を残してその場を去った。

その後はお互いに連絡が難しい。

 

允浩的父親——在沒有事業的立場上不能插嘴,只是想制止和調解也不簡單。

最後雙方都沒有看到合約。

在面談結束之後俊秀的父親說“我們家俊秀不會再為SM工作,有天和在中也是,允浩和昌瑉的家人也可以考慮下”留下了這樣的話之後就離開了公司。

以後很難再聯繫到了。

◆チャンミン父→その面談がそんな風に終わってSMを出ても、ジュンスのお父さんは続けて溜息をもらしながら「他の企画社に行けば契約金を百何十億(ウォン)くれると言うのに、SMは一体何なんだ。3億(ウォン)を前借りさせてくれと言ってもしてくれなかったよ」と悔しがっていた。

最後は「うちのジュンスはこれ以上SMと仕事をしない、ユチョン、ジェジュンも私たちと一緒にするはずだからユンホとチャンミンはそのつもりでいてくれ」とその場を去った。

その後は連絡がとれていない。

 

昌瑉的父親——那個會談在這樣的氣氛下結束了,即使從sm出來後,俊秀的父親還是繼續一邊歎氣一邊後悔的說:“如果去其他的企劃社的話合約金有數百數十億韓元,sm究竟怎麼了。即使我說要預借三億韓元也沒有借”

之後就說“我們俊秀不會再為sm工作,有天和在中和我們一樣,昌瑉和允浩的家人也可以考慮下。”

在那之後就沒有聯絡了。

 

[ジュンスの仮払い(前借り)についてのSMのコメント(単位はウォン)

关于俊秀的预借sm的解释

SM→もともと仮払いというものは、会社の裁量でするもので、絶対にしてやらなくてはならない義務がある事項ではない。

また、シアジュンスはすでに数ヶ月前に×億の仮払いを受けていった。

シアジュンス君が、××億の家を買ったのだが、中渡金(手付金と残金の中間に支払われる内金)が×億で、払えないと競売にかかる、と言うので、全部は払ってやれず、会社のレベルで×億を仮払いしてやった。

その後、またシアジュンス君が残りの3億はなぜ仮払いしてくれないのか、というので静かに諭した。

 

Sm——本來就是預支,是要公司進行裁度的,絕對不是必須要做的義務的事項。

還有,在數月前細亞俊秀已經預支了數億。

細亞俊秀君,因為購買了數十億的房子,定金是數億韓元,因為說不能以拍賣的形式支付,又不能全部付清,所以從公司預支了數億韓元。

在那之後,平靜的告誡了細亞俊秀君為什麼不給他預支剩下的3億韓元。

「うちの会社はコスダック上場会社なので会計に問題があってはならず、株式会社ゆえ全ての資産は株主のものだ。

君にこないだ仮払いした×億を銀行に預けておいても利息がつくが、その利息さえも株主のものだ。

にもかかわらず、君に大金を仮払いしたのは、ある意味他のメンバー、他の同僚たちとの公平さも欠くことだが、すべて君が大切だから特恵を与えたのも同然だ。

3億を追加することは難しく、父上の名義でローンを組む方法でやってみろ、と言うと「うちの父はローンは難しいと思う」と言うので、ならば会社(SM Ent.)が保証人になって代わりに借りてやる」と言った。

だが、「貸付利子のうち1~2%だけ負担してくれ」と話したら、その後は連絡がない。

 

我們的公司是上市公司,會計上沒有問題,股份公司的資產都是屬於股東的。

你前些日子已經向銀行預支了數億而且帶利息,這些利息甚至也是股東的所有物。

儘管這樣,你預支了大筆錢,就意味著對其他的成員,其他的同事們都不公平,和完全因為你很重要而給予特別的待遇一樣。

公司說“現在要追加三億很困難,試試以父親的名義籌措貸款的方法”,細亞俊秀君說“因為我父親覺得貸款很難,如果可以的話想讓sm公司代為做擔保人來借款。”

但是,提到“只負擔貸款利息的中的1~2%”,那之後就不聯絡了。

 

● 2009年6月24日 (4th Tour 名古屋と東京ドームの間)

2009624(四巡名古屋和东京巨蛋之间)

チョンジェスがSMに対し

【専属契約無効通知および資料の提出の要求】

とういうタイトルの内容証明を提出

三人對sm提出了【涉及專屬合約無效通知書相關資料的提出的要求】為標題的內容證明

 

    全站熱搜

    dbsk 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()